蠍のひとさし。

中年派遣OL、あたまのごみ箱*備忘録。

はるのなかでなつをすごして。

昔読んだホラーマンガのラストがふと気になって、どんなんだっけ?とググったら、
当時、その作品について記録した自分の感想ブログがヒットして、眩暈がしました。

連休真っ只中、明日明後日は通常通り仕事です。
こんにちは。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ブログ、続きませんね〜。
ポン、ポン、と、トピックスは浮かび、その都度メモしたりしてるんだけれども。
けっきょく、自分の中で終了していく。

ブログに限らず、とにかく、ここしばらくは、全てにおいて、アウトプットを一切していない。しない。なんというか、グッ...!と内から外に洩れ出ないようになってる感覚。

自分のなかで、消化?昇華?させなければいけないことで、
頭がいっぱいいっぱいだからでしょうな。

まあ、そんなときもあります。


◆◇◆


不意打ちで、昔の自分のブログなんてものを発見してしまって、
ていうか、消したつもりだったのにまだ検出できたことに驚いた。

デジタルタトゥー・・・。


それはそれとして。
今日の本筋は、ブログをしたためることへのモチベーションについて。


そう、わたしは以前、ほんっとにクソどうでもいいこと、言わんでもいいこと、(今だったら炎上しているような)言ってはいけないこと、私生活のこと、仕事のこと、やらなんやら、とにかく、おのれのなかに生まれた感情やら考えやら気持ちやら、やったことやら、なんでもかんでも見境なく、すべてを、ぜーーーーーんぶを、だっらだらと、ツラツラと、やたらテンション高い文章で綴っていました。時代がほんの少しずれていたら、わたしは多分バカッターと呼ばれるような部類の人間、そして大炎上、のような事になっていたでしょう。ついでに、コスプレイヤーだったこともあって、自撮りとか普通に載せてて、ほんとにみっともないやつ。誰がみても可愛い美人だったらいいですけどね。まじで誰得。背筋さむ。

なんだけど、今や、自撮りも割と普通になっている雰囲気な世の中。

別に、そのおかげであの頃の恥は救われやしないけど、、、
なんとなく、時代に救われたような感覚、無きにしも非ず。


ただただ痛かった。
馬鹿で愚かで幼稚な二十代。
嫌な思いをした人もいると思う。


昨年末から更新していないこのブログのことが頭をよぎったとき、
あの頃のあのモチベーションは一体なんだったのかと、
自分のことながら、ものすごく不思議に思った。

なんかあるたびにブログ。
しかも、果てしない長文。
テンション激高い。
時間も2〜3時間かけるなんてザラ。

ちょっともう考えられないwww

極めつけは、話題に中身が一切ないこと。

ほんと、やべぇヤツ。

唯一、評価できることといえば。
とにかく、常にパッションに溢れていた、ということかな。
そのパッションが、自分を突き動かしていたんだろうから。
ブログ・HPを更新するという作業も、パッションによるものの一つ。

ここで一つ、わかったことが。

パッションで爆走していくことしか知らなかったから、それが無くなったときでも、
きちんと淡々と物事をこなしていくということができないのか、わたしは。
なににも燃えてないときは、なにもできないとき、っていうのが染みついてしまってた。

なるほどな。
なんだか、今更、納得。


◆◇◆


考えずにどうでもいいことを好きなように発信することはできるけど、
いざ、何かを考えて発信しようとすると、ピタッと手がとまる。

わたしにとってのブログは、その人の日常を垣間見るものって感じだった。
好きな創作作家さんのブログとか写メ日記とか、楽しみで仕方なかったなー。
それこそ、オタク仲間の日記を読むのも楽しみだった。
そして、それがわたしのお手本だった。。。

きっと、これからも、わたしは、どうでもいいことを吐き出してるんだろう。


◆◇◆


ということで、更なる世間話でもして、今日を終わりにします。

近所のTSUTAYAが閉店することを昨日知り、あまりの衝撃に、
ネットで色々検索したら、今、TSUTAYAは閉店ラッシュなんですってね。
知らんかったです。閉店を知ったとき、え!なんで!!と思ったら、
恵比寿や六本木ですら閉店しているらしいじゃないですか。
たまたま読んだ見知らぬ方のブログに、TSUTAYAが出来て街のレコード屋さんがなくなり、ネットの進化にってりTSUTAYAがなくなる、みたいな事が書いてあって、
なるほど確かに。。。

よく考えたら、TSUTAYAに限らず、ネットって、これまでの色々を、
凄まじい勢いで駆逐していっている気がしてくる。

5年後10年後には、まったく違う世界になっているんだろう。
怖いような、なんでもないような。


なんにせよ、死ぬまで生きるしかないのよね。
また明日もがんばろう。


では、また。

|ふつうのはなし|comments (0)|trackbacks (0)|

Comments

Trackbacks

Categories
New Entries
Archives
Profile